西洋医学と東洋医学の治療方法

医学は、人間にとって、なくてはならないものでしょう。
先史時代であれば、人が病気になった時、神に祈りをささげる事で、治療としていたと言います。
現在の科学時代からすれば、一笑に附す人がいるかもしれませんが、単に知らなかったというだけの話であり、今の時代でも未知のものに対しては、こういう信じるという行為を行ってはいないでしょうか?
けれども、こう祈りの行為から、草を食むことで、病気が改善した経験を経て、薬草が生まれ、そうして、紆余曲折がありながらも、現代の医療まで繋がっているとも言えるでしょう。
今現在、医学と言えば大きく分けて、西洋医学と東洋医学がありますが、どちらも、薬草の摂取から医学が芽生えたようで、そこから到る道が異なったと言えます。
大雑把に言ってしまえば、西洋医学は探究心が中心となり、東洋医学は薬草の伝統を保持したとも言えます。
言葉を換えれば、自然への人為的働きと自然への共生とのことにもなるでしょう。
同じような薬草から出発したとは言え、非常に対照的なものに思います。
しかし、最近では、西洋医学と東洋医学の融合の動きも見えています。
どららの良さも認め、そうして、メリットを採用することで、より良い医療を築いていこうとの姿勢です。
これは、患者によっては、非常に有益な流れに思います。

このサイトでは、西洋と東洋医学の治療方法に焦点を当て、お話しています。
西洋医学の始まり、東洋医学の発祥、さらには、西洋医学と東洋医学の特徴、あるいは、治療に対する考え方の相違についても、説明しています。
合わせて、今後の医療も鑑み、西洋医学と東洋医学の接点についても、言及しています。
ここでの記述が、西洋医学と東洋医学にご興味のある方の参考になれば、作成者として、誠にうれしい限りです。
お役に立てるようなことがあれば、実に光栄であるとも思っています。